ザイロリックのサイトのメイン画像
ザイロリックで痛風なんて怖くない!   >   痛風患者はお酒が飲めない?

痛風患者はお酒が飲めない?

ビールの画像

痛風は体内の老廃物である尿酸がナトリウムと結びつき、関節内で結晶化することで発症する生活習慣病です。結晶化した尿酸が関節内に蓄積することで、激しい関節炎が起こり痛風発作となります。

痛風はお酒をよく飲む人が発症しやすいと言われていますが、それはなぜでしょうか。尿酸の元となるのがプリン体です。プリン体は様々な食材に含まれているのですが、ビールを始め一部のお酒にはプリン体が多く含まれているのです。ビール中瓶(500ml)1本に含まれるプリン体は25mgです。焼酎などにはプリン体はほとんど含まれていません。しかし、プリン体があまり含まれていないお酒であっても、飲み過ぎるとアルコールが分解される過程で尿酸が生成されるため、痛風の原因となるのです。

痛風患者やその予備軍はお酒を控えなければいけないのでしょうか。飲みすぎない程度であれば、お酒を楽しんでも問題ありません。しかし、医師からドクターストップがかかっている、痛風発作が酷い場合には飲酒を控えた方が良いでしょう。

お酒を飲みながら効率的に痛風を改善するには、薬物治療がお勧めです。痛風に効く薬には数種類ありますが、ザイロリックと呼ばれるお薬が良いでしょう。ザイロリックは体内の尿酸の生成量を抑えるため、お酒を飲んでいても尿酸が溜まりにくくなるのです。

ザイロリックは国内の病院で処方されますが、もっと気軽に手に入れたい、安く買いたい場合には、海外医薬品を販売している通販サイトを利用しましょう。通販サイトでは、ザイロリック1錠あたり46円前後で販売されています。痛風は長期的に治療する必要があるので、少しでも安くザイロリックを入手するために、通販サイトをお勧めします。