ザイロリックのサイトのメイン画像
ザイロリックで痛風なんて怖くない!   >   ザイロリックの注意点

ザイロリックの注意点

注意喚起

ザイロリックは痛風の治療や予防によく使用される海外医薬品です。体内で尿酸が生成されるのを抑えてくれます。痛風は体内で尿酸が結晶化して関節に溜まることで起こるのですが、それを防いでくれるのがザイロリックの効果なのです。

ザイロリックは基本的に腎臓で生成される尿などから成分が排出されることで、血中の濃度が調整されています。しかし、腎臓に障害を抱えていると、薬の成分が十分に溶かされないため、その分肝臓に重い負担がかかってしまうのです。よって、腎臓に問題をかかえている方は、ザイロリックの服用はお勧めできません。

また、急性痛風発作が起きている最中はザイロリックの服用は控えましょう。急性痛風発作中は体内に結晶として溜まった尿酸が溶け出している状態なのですが、その際にザイロリックを服用すると血清尿酸値が変動して発作が酷くなってしまうのです。治療中に発作が起きた場合、発作がおさまってから2週間ほど経った頃にザイロリックの服用を開始するのが普通だそうです。

ザイロリックは鎮痛剤と併用しても問題ないとされています。しかし、アスピリンを含む鎮痛剤(バファリンやケロリンなど)は血清尿酸値をあげる作用があるため、アスピリンだけは使用しないでおきましょう。

ザイロリックは日本国内の痛風治療を行っている病院では良く処方されているお薬なので、他の海外医薬品と比較して入手しやすいと言えます。しかし、長期間通院してザイロリックを処方してもらうとなると、結構なお金がかかってしまいます。できるだけ安く購入するには、処方箋不要の海外医薬品通販サイトを利用することがお勧めです。通販サイトの中でも「お悩み宅急便」と呼ばれるサイトなら価格も安く発送スピードが速いでしょう。